村上ひろし写真

熊本市議会議員

村上ひろし

… 村上ひろし …
メールアドレス:村上ひろしのメールアドレス

プロフィール
1950年 下益城郡豊野村(現 宇城市豊野町)生まれ。1歳半の時小児まひ(ポリオ)にかかり、下半身が不自由になる。
1973年 熊本商科大学(現 熊本学園大学)卒業。
1988年 姉が済むシカゴを訪問し、障がい者の生活、市の施策を見て回る。
1991年 『ヒューマンネットワーク熊本』設立に参画。初代事務局長に就任。
1997年 ヨーロッパの交通・環境事情の視察を経て、熊本市に日本初のノンステップ電車を導入。
1999年 熊本市議会議員に当選。その後2011年まで3期連続当選を果たし、高齢者、子どもたち、妊産婦、障がい者など、 社会的に立場の弱い人たちの声を市政に反映。
役職 ヒューマンネットワーク熊本 常任委員

社会福祉法人ライン工房 評議員

バリアフリーデザイン研究会会員
現在 2015年4月 4期目当選

厚生委員会 委員長

所属会派:市民連合

小さな声を、大きくすると、
熊本は住みやすくできる。

今の熊本では、制度は数多く有りますが、その趣旨が活かされていないことも多く、つらい思いをしている方たちが大勢いるように思います。

「聞いて欲しい」「分かって欲しい」という切実な声がとても届きにくいのです。

3期12年間の任期中は常に障がいを持つ人たち、高齢者、子どもたち、一定期間自由が束縛される妊産婦のみなさんなど、 社会的に弱い立場の人たちの声を市政に反映する。

地域では「バリアフリーデザイン研究会」や「五福ふれあいまちづくりの会」「環境ネットワークくまもと」で活躍。

「地域で生きる、共に生きる」が信条。


©Murakami Hiroshi HomePage